Solid Engine Inc.

WEBプロデュース/株式会社ソリッドエンジン

ECサイト/大規模タイプ

ECサイト説明です

ECサイトの種類

【ECサイト/商品説明販売サイトとは】

ECサイトとはElectronic Commerce(エレクトロニックコマース)の略。
一般的なWEB(ホームページ/CMS含む)にショッピングカートを装備し
お客様に自社の説明をしながら商品の紹介・商品の詳細を伝え
更に商品ごとに発注出来るシステムを備えたものがECサイトとなります。

ECサイト種類

ECサイトの種類

自社サイトとして運営する場合の2パターン

1)CMS/オープンソースを活用した小規模~大規模なECサイト
2)カートプログラム・EB構築まで全て独自開発したECサイト

*上記は自社サーバーでの運営

他社サイトで運営する場合の2パターン

1)YAHOOショッピング・楽天・Amazonなどの形態
2)非オープンソース型の安価/無料のECサービス

*上記は他社サーバーでの運営

*細かく分類すると更に種類がありますが大きく4つに分類しました。
*どのパターンを選ばれても当社がサポート致します

規模と目的で選ぶ

【会社・商品の数・将来性から選択をしましょう】

自社運営形態の場合

1)CMS/オープンソースを活用した小規模~大規模なECサイト
2)カートプログラム・EB構築まで全て独自開発したECサイト

上記自社サイト1)で運営する事と相性が良いケースは
オープンソース=自由にソースを改良しても良いプログラム
の場合大規模な法人向けに向いており費用的に無制限でない場合
向いています。自由にデザインも構造も変えられ
尚且つ専用のプラグインにより機能充実も図れます
商品数が多い場合でも対応が可能です
2)で運営するのに向いているケースとしては
予算が無制限に組める事・自社オリジナル性を重視する場合
カートもデザインも全て拘りがある場合などに向いています
納期(制作期間)に関しては1)のほうが早くなり
2)のほうが遅くなります。カートプログラムも全て
プログラマーによる専用のものとなります。

1)2)共に大きな利点として他社サービス利用ではない事から
データや制約について自由度が高くなってきます
他社依存に関しては利点も(自由度が少ない分楽な部分も)
ありますが問題としては他社のためにサービスの改良・
リニューアルがあるとそれまでのシステムと変わる事があります。
自社サイトの場合は自分が変更しない限り継続して使えます。
レンタル若しくは利用料を払ってサービスを受けている会社が
倒産・廃業した場合は当然自社ECサイトも無くなります。

自社サイト運営の最大の利点はバックアップを取っておけば
ECサイトを置いているサーバー会社を自由に選べるため
ECサイトがなくなる心配がないという点です。

自社ECサイト構築は独自ドメイン使用
自社サーバー使用(安定化・外部からのリスク回避)
の点も大きな魅力となり何かあればそのままの環境を移動も可能です
(自社サイトの為データの丸ごとバックアップがローカルベースで可能)

1)のオープンソースとしてはEC-CUBEがあります

https://www.ec-cube.net/product/
(EC-CUBE WEBサイト)

ECサイトサンプル
【@EC-CUBE/デザインサンプル一例】

1)の場合商品登録・構築・デザインを行う作業は基本的には
当社のようなWEB専門の法人が行う事が多くなっています
後で紹介する「レンタル式」の場合は制約が多いですが
1)の場合は制約が少ない分初期の構築はお任せ頂き
完成後に管理人室から設定を行って頂くとスムーズに開設出来ます。

2)全自社開発の場合は更に自由度が増すものとなります。
オープンソースで提供頂ける枠組みも決まっていない為
枠組み(ゼロから開発)から決める事が出来ます。
限りなく自由に構造を決められます。
1)に比較した場合に納期が多くかかります。全ての開発時間には
チェック時間まで入ってきますので数か月かかります。
1)の場合は1月~数か月で完成する事が出来ます。

価格については1)よりも2)のほうが必要になります。
(開発費用)これらから1)若しくは2)をご選択下さい。


他社運営形態の場合

1)YAHOOショッピング・楽天・Amazonなどの形態
2)非オープンソース型の安価/無料のECサービス

1)関してはご利用頂いた事があるかと思います

https://shopping.yahoo.co.jp/
*Yahoo!ショッピングサイト

https://www.rakuten.co.jp/
*楽天ショッピングサイト

https://www.amazon.co.jp/
*Amazonショッピングサイト

3大ショッピングサイトがありますがこちらはECの中でもモール形式。
大きなショッピングモールが存在しそこにお店を出す形のイメージです。

それぞれスペースを間借りしてそこに商品を出品する形態です。
この場合自社ECサイトと異なり売り上げに応じて一定額の
手数料を支払う必要があります。サイトデザインに関しても
自由に行う範囲は決まっています。
利点として楽天の集客には定評があります
(WEB広告の集客特性とは異なり検索やピックアップからの集客)
どうしても各社ごとに特性が異なりそこには依存します
売上の高いモールショップほどピックアップされる傾向があるなど
初期段階からハイレベルな売り上げをあげられるわけではありません。
自社ECサイトとの併用として使うと効果が更に期待出来ます。

2)の非オープンソース形態としては

https://www.makeshop.jp
*MAKESHOPサイト

https://shop-pro.jp
*カラーミーショップ

この形態のサービスは非常に多くなっているため2サービスをピックアップ。
非オープンソース形式のため自由にソースを改変するタイプではありません。
管理人室から定型ひな型のデザインを差し替えたり
文章を書き換えて短時間で安価に素早く出店するのに向いています。

このサービスもモールに出店する形をイメージ頂くとわかりやすく
自由度・制限にはある程度のマイナス面がありますが
誰でも自分で操作出来る点が高く評価出来ます。

サービスが終わってしまった場合はショップも消滅します。
障害が起こった場合・同じサービスを利用しているユーザーが
問題を起こしてしまった場合は一時停止等のケースもゼロではありません
主に個人経営のショップの実店舗+商品販売といったケースには
特に向いているだろうと考えられます。

大手でも採用している場合が多くあります
この場合利点と欠点を理解して利用しています。

ECサイトで売上を上げる

PR方法

連携+集客

www.solidengine.co.jp/topics/archives/22
*当社WEBコンサルティングサービス

http://www.solidengine.co.jp/topics/archives/8
*当社WEB広告・SNS広告・SNS集客サービス

ECサイト・ショップモール共に開店後お客様が大量に来る事は
残念ながら非常に稀なケースとなっています。

完成まで練りに練ったECサイトでも初期段階では来客ゼロ。
売上もゼロです。そのまま放置していては売上も変わりません。
集客を行うには広告ノウハウを用いた初期宣伝が効果的です。

ECサイト集客方法

ECサイトの広告は重要

オープンソースEC/非オープンソース/モール/WEB+カート問わず
連携により効果を増大させる事が出来ます。

ECスタイルを決めた後はそれに数個のSNS/他の形態のECサイトを
連携し発展させる事で右肩上がりの売り上げを実現する可能性が向上します。

ケースA

自社オープンソースECサイトをメインに構築
+Twitter+facebook+LINE@+WEB広告+Yahoo!ショップ

ケースB

自社全開発ECサイトをメインに構築
+WEB広告を大量に発注+facebook+Twitter

ECサイトショッピングサイトの売り上げ

構築後同時にWEB広告・SNS広告/PRも承ります

完成時の初期段階は商品・会社の売り上げは期待出来ません。
ネット販売の期待とは違い現実は対策を的確に講じる必要が出てきます。
OPEN時のPR方法・初期集客後のPR方法・売上が上がる初期のPR方法
ステージによって最適な方法が違ってきます。
初期段階は存在の周知を前提に行いながらその後はこれらを継続し
お客様の口コミが広がるまで複数の違った観点からPRを行います。

売上イメージは初期~数か月の動きは鈍くても
商品力があれば売り上げの推移は起点から飛躍する事も多いのです。
一定の力がECサイトに付くと検索結果・売上も右肩上がりに。
(前記のグラフは実際の新規ECサイトの売り上げグラフ例です)
一定のパターンイメージを持ってPRしていくのが当社のお仕事です。

当社ではECサイト構築と同時に完成後のサポートが可能です。
過去にECサイト構築・運営実績(製造・販売)15年のノウハウ保有。

効果的にSNS・WEB広告を御社に合わせて行うことが出来ます。
トータル的なノウハウを保有する当社ならではのサービスです。

ECサイトの開発・構築・運営だけでなく
広告・PRに関してもお任せ下さい。

ECサイト制作のソリッドエンジン

ECサイト打ち合わせ

ECサイトの打ち合わせは

https://www.chatwork.com/
*チャットワーク社TOPページ(ファイル交換/チャット可能)

https://www.chatwork.com/g/y73ldu2aoqlujj
*ソリッドエンジン打ち合わせ専用チャットワークページ

上記チャットワークでの案件ごとの打ち合わせ・担当直通打ち合わせ
見積り個別打ち合わせ及びご相談・納期のご相談常時承り中です

その他フォーム・メール・LINE・電話全てご対応中です
お気軽にご相談下さい。

ECサイトのお問い合わせ先
*お電話は営業時間内となります。受付専用となっておりますので
ご用件をスタッフがお聞きし折り返し専門スタッフよりご連絡致します
*打合せ・ご相談は記録の残るチャットワーク・メールが便利です

2018/02/23 ECサイト制作・管理   solidengine
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

現在人気のサービス

CONTACT092-123-456